複利の効果ってすごい♪

年利10%って100万円が次の年には110万円でしょ?たった10万円だと少ないよなー

なに言ってるケロか!年利10%ってとってもすごいことだケロ!安定的に年利10%を得られれば複利の効果を利用して、億万長者も夢じゃないケロ!

こんにちは!
みなさん複利の効果をご存じですか?

 

知っている方も知らない方も、もう一度複利の効果を表で体験してみると、
思ったよりすごいな!と感じるはずです。

 

ここでは複利の効果を利用してどのくらい利益を出していけるのか調べたいと思います。

1.複利とは

たとえば100万円を銀行に預けて年利10%をもらえるとします。

 

毎年10%分の利益である10万円は引き落として旅行や外食に使用するとします。
毎年10万円を引き落とすので10年たっても銀行の預金は100万円です。
10年間で100万円を使用し、銀行には100万円の預金になります。

 

しかし、100万円を年利10%で10年間預けたままだとどうでしょうか?

 

・1年目に110万円
・2年目に121万円
   ↓
・10年目に259万円になりました。

 

引き落とした時と比べると59万円得をしています。
これが複利です。

 

100万円を年利10%で運用すれば20年後には673万円になり、20年間で572万円の利益となります。
年月がたつほど複利の効果は大きくなるので、いかに長い期間安定した年利を保てるかが重要になってきます。

 

2.積立しながら投資すると?

FTSE100を20万円で1枚買うとします。
1枚で年間1万7500円の配当金がもらえるとします。
毎年10万円積立していき、配当金とあわせて20万円貯まったらもう一枚買っていきます。

 

所持枚数 口座残高 配当金
1年目 1枚 217500 17500
2年目 1枚 335000 17500
3年目 2枚 452500 35000
4年目 2枚 487500 35000
5年目 3枚 622500 52500
6年目 3枚 775000 52500
7年目 4枚 927500 70000
8年目 5枚 1097500 87500
9年目 6枚 1285000 105000
10年目 7枚 1490000 122500
11年目 8枚 1712500 140000
12年目 9枚 1952500 157500
13年目 11枚 2210000 192500
14年目 12枚 2502500 210000
15年目 14枚 2812500 245000
16年目 15枚 3157500 262500
17年目 17枚 3520000 297500
18年目 19枚 3917500 332500
19年目 21枚 4350000 367500
20年目 24枚 4817500 420000

 

投資額が20年間で225万円にたいして口座残高が481万円になりました。
そして配当金が42万円になりました。
何もしなくても毎年2枚ずつ追加していける計算になります。

 

しかも、最初に500万円で25枚保有しておけば、もっと加速度的に利益を増やすことも可能です。

 

所持枚数 口座残高 配当金
1年目 25枚 5000000 437500
2年目 27枚 5537500 472500
3年目 30枚 6110000 525000
4年目 33枚 6735000 577500
5年目 37枚 7412500 647500
6年目 40枚 8160000 700000
7年目 44枚 8960000 770000
8年目 49枚 9830000 857500
9年目 53枚 10787500 927500
10年目 59枚 11815000 1032500
11年目 64枚 12947500 1120000
12年目 70枚 14167500 1225000
13年目 77枚 15492500 1347500
14年目 84枚 16940000 1470000
15年目 92枚 18510000 1610000
16年目 101枚 20220000 1767500
17年目 110枚 22087500 1925000
18年目 120枚 24022500 2100000
19年目 131枚 26222500 2292500
20年目 143枚 28615000 2502500

 

最初に500万円で25枚買い、毎年10万円を積み立てていくと9年目で口座残高が1000万円を超えます。
590万円で9年間保有すると1000万円を超えるので、最初に頭金を用意するとかなりのスピードで複利の効果を得られます。

また、20年後には頭金の500万円と20年間の積立金200万円の合計700万円で143枚保有できます。
配当金が年間250万円になるので、年間約21万円の不労所得が得られる計算になります。

 

しかも、口座残高が2861万円とかなり高くなっていることがわかります。

 

3.資金30万円で1億稼ぐ?

以下の通貨のスワップポイントで積み立てていきます。

 

・南アランド円を2万円で1万通貨買います。 ⇒ 資金30万円で15万通貨
・スワップポイントは1万通貨で1日20円。 ⇒ 年利は驚愕の36.5%
・現在のレートは7.6円 ⇒ 自動ロスカットは5.84円になります。

 

ロスカットにだけ注意して積み立てていきます。

 

所持通貨【万】 口座残高 スワップ
1年目 15 30万円 10万9500円
2年目 20 40万9500円 14万6000
3年目 27 55万5500円 19万7100
4年目 37 75万2600円 27万0100
5年目 51 102万2700 37万2300円
6年目 69 139万5000 50万3700
7年目 94 189万8700 68万6200
8年目 129 258万4900 94万1700
9年目 176 352万6600 128万4800
10年目 240 481万1400 175万2000
11年目 328 656万3400 239万4400
12年目 447 895万7800 326万3100
13年目 611 1222万0900 445万0300
14年目 834 1668万1200 608万8200
15年目 1138 2276万9400 830万7400
16年目 1553 3107万6800 1133万6900
17年目 2120 4241万3700 1547万6000
18年目 2894 5788万9700 2112万6200
19年目 3950 7901万5900 2883万5000
20年目 5392 10785万0900 3936万1600

 

南アランド円で運用すれば、初期費用30万円で20年後には1億円超えました!!( ゚Д゚)

 

ロスカットやスワップがなくなるリスクさえ考慮すればだれでも億万長者になれます。

 

最悪失っても30万円だけで済みますよ♪

 

4.ドルコスト平均法でリスクを減らそう


積立投資で応用できるのがドルコスト平均法です。

 

最初に一気に購入するのではなく、毎年少しずつ購入していくことで平均購入価格を抑えられます。

 

長期投資を行うならドルコスト平均法の考えのもと、平均的に資産を増やしていきましょう。

 

複利の効果ってすごい♪これなら夢の億万長者も目指せるかもしれないな!

レバレッジをかけている以上、リスクはあるケロ!リスク分散をしっかりして平均的に年利10%〜30%を達成できれば億万長者も実現できるかもしれないケロね♪

トップへ戻る